仕事辞めたいと思う条件①

わたしです。

もう19:00も過ぎて、明日までの時間が全然ないと自覚し始めました。

仕事嫌になる条件って一体何か考えていた時、思うことが1つありました。


8時間「勤務」は8時間「拘束」ではない

※拘束される時間っていうのは準備、通勤時間、残業(早朝含む)、昼休みの時間を含みます。

まず、何故8時間という時間が注目されるか。

それは1日の時間を睡眠、自由時間、労働の3つに分けた時に8時間になるから。

大抵は最低8時間労働という会社が多いでしょう。良くて7時間ではないでしょうか。

しかし、通勤、残業、昼休みの時間が全くない企業なんてないと思います。

これを考えると実際に8時間で拘束が終わる人って少ないんじゃないかなと思います。


実際8時間超える拘束になるなら?

睡眠時間を削るか、自由時間を削るかの2択です。

睡眠時間は削るのに限りがあるので(せいぜい2時間程度でしょう)

ほとんど自由時間を削る一択だと思います。

これが続けば、自由時間がなくなり嫌気がさすのも無理ないと思います。


どうするべき?

残業時間と通勤時間は減らせる可能性があるので、極力減らすべきでしょう。

ただし、通勤時間に関してはその間にいろんなことができるのであれば、長くてもいいとは思います。

何もできない状態で無駄に時間を過ごすのが問題なだけですからね。

昼休みと準備については減らせないと思います。残念ながら。

なので、10時間くらいの拘束はよくあることだと思うのですね…。


そろそろ明日が始まります。

ここはジョセフ・マーフィー氏の言葉を聞いて明日も頑張りましょう。

人間の心は放っておくと、九割は否定的に傾いてしまいます。だから常に肯定的思考を身につけなければなりません。

さあ、ポジティブに明日も頑張ってこう。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です