食費を減らそう。

わたしです。

東京にいると1日の食費がだいぶかかります。
計算したら何と1日1500円かかっていることが分かりました。

内訳としては

飲み物:400(自販機の飲み物3本)
昼飯:500円(会社の弁当)
晩飯:500~600円(コンビニ弁当)

といった感じでした。


自炊ってやはりつらい


料理には時間がかかり、社会人にとってはその時間の確保は難しい。
わたしは料理に3時間かかりました。

その時は朝、昼、夜の分を全部作ったので時間がかかりましたが、後片付けなどを含めると1時間ぐらいはかかるでしょう。

その時間を毎日確保するのは辛いですし、お金で解決するならその方が楽ではあります。


食費はよほどのことがない限り減らさない方がいい


人間の三大欲求は食欲、睡眠欲、性欲であります。
それを減らすなんて、とんでもない!といった感じです。
食事の質が下がれば、栄養の質も落ちるのでけがや免疫、体調不良を起こしやすくなり、結果的に経費削減にならない可能性も高いです。

自分で考えてみてください。減らしても特に問題ないのかを。
問題ないのならば食費を減らすために努力してみよう。


食費を減らすために…


一番楽なのはお好み焼きを作る方法だ。

小麦粉と里いも、天かす(揚弾)があれば作れる。
一応フライパンかホットプレートが無いと作るのがとてもつらいので買うことをオススメする。
一応初期費用としては2000円程度で、そこからは天かすや里芋の購入費で済む。
冷凍すれば1週間持たせることができる。また、ごはんについても冷凍すれば問題ないだろう。

冷凍の仕方はこのサイトが参考になる。見てみるといい。

お好み焼きの冷凍の仕方

https://xn--ruqt3z0li9lh.com/%E3%81%8A%E5%A5%BD%E3%81%BF%E7%84%BC%E3%81%8D/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です