一般人というのはある意味すごい才能

わたしです。

最近一般人ということを悲しく感じていました。
何も秀でたことがないということは、特に魅力もなく、長所もない悲しい存在だと考えていました。

しかし、発想を変えてみるとそこまで悪い事でもないということに気づいたのです。


何もできることがない=全ての事に対してできる可能性が等しくある


なにか才能に恵まれていない=どれにもできる可能性があると考えた。

よく考えたら、どれかに秀でているということは、できないことに対してあまりやらないでしょう。
苦手なことを率先してやろうとする人はいませんし、人間は全ての事をできるようになることはできません。
なので、できることを一生懸命やって能力上げた方がいいんですよね…。

しかし、全ての事に関して「出来る可能性がある」という希望があるというのは悪い気がしません。
自分に無限の可能性があると思わせてくれます。

こういう考え方をもってポジティブに行く方が人生幸せに生きれるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です