幸せな生活とは?

わたしです。

「幸せ」とは何か、ここ最近ずっと考えていました。

今日はそれについてある程度の答えが出てきたので、備忘録として残しておきます。
<スポンサーリンク>




そもそも「幸せ」とは


永遠の課題であります。幸せとは一瞬の快楽に近く、永続的に続くものでないからです。

おそらく「幸せ」とは

世間一般で言うものは楽しいこと、嬉しいことが続く状態

なのだと思います。

しかし、残念ながら不幸の方が長く続きますし、不幸の方が覚えていやすいものです。

なので、人間はあんまり幸せというものを認知できない、分からないのだと思います。極論かもしれませんが…。


幸せを得るためには。


まず幸せというピンポイントをつかむのはとても難しいです。

妥協的ではありますが、「不幸を得ないようにすること=幸せに近づける」という方程式でわたしは4つ考えました。


1.嫌なことはするな


まず、自分の嫌なことに正直になることです。
はっきり言って自分の嫌なことをやっている時はストレスマッハです。

間違いなく「幸せ」ではありません。

ちなみに私は人と直接話すことと、束縛されるのが大嫌いです。

会社員とか人と直接かかわる仕事は苦手ですし、他人と一緒になって遊んだりするのも正直そんな楽しくないです(;・∀・)。

こんな風に分かってしまうと「自分クズやんけ!」となるかもしれませんが、自分をよく知るのが大事です。

そうしなければ自分にとって楽しいこともわかりませんからね。


2.自分がやっていて「イライラしない」ことを見つけろ


「好きなこと」じゃないのがポイントです。

好きなことでもイライラすることはありますし、いろんな比較をしたりでイライラしてしまうこともあります。

どんな時も平常心を保てることを思い出すと、いいと思います。

ちなみに私の場合は睡眠です。大半の人がそうかもしれませんね(´・ω・`)


3.時間を確保する


これに関しては一概に言いきれませんが、時間の余裕があった方が楽しく生きていける気がします。

時間の余裕が無いということは、自分のために割ける時間が少ないと言う事です。

自分のために割ける時間が少ないので、当然自分にとって楽しいことをする時間がとれないわけです。

それは嫌でしょう。

あんまり続くと「人生ってクソゲーじゃね(´・ω・`)」と言い始めてしまうかも。


4.現状が嫌なら行動しろ


どんなに上辺だけ取り繕っていても、言動がよいとしても…。

行動が無ければ人間の状況は変わりません。

ただ、他人がいう大それたことは必要ないと思います。

また、他人に勧められた方法をそのままするというのも考え物です。

自分で納得したのならいいんですけど。

あくまで自分が嫌じゃないことで行動していくことが大切です。
嫌なことなんてどんなに続いても1か月くらいです。

わたしの場合はこのブログと投資?ですかね…。まぁ投資に至っては全然進んでいないので何とも言えませんが。

と言う感じの事を行えば幸せを得られるようになると思います。

 

そういうことでわたしは幸せのために今日早く寝ますよ

21:30くらいには寝て9時間くらい寝るんだ…(*´ω`*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です