忘れるって素晴らしい才能だよな

わたしです。

今日は忘れるってことの偉大さについて語りたいと思います。

<スポンサーリンク>




忘れるってのは凄い才能だと思う。


実際にモヤモヤしたりイライラするときというのは
人間関係だったり不安だったりが関係する。
まぁこれを仕事の時は考えていてもいいと思うが、
大抵の人は帰った後とかも考えちゃったりするんじゃないだろうか。
どんなときでも家に帰ったらパッと忘れて遊べたり他の作業をできる人はホントに凄いと思う。
その才能があると誇っていいだろう。

実際、自慢していいと思う。
嫌なときがあったとき、引きずらずに行動ができるって言うのはホントに凄いのだから。
引きずると少なくとも脳の何%かはその話題に使われてしまう。
またその事を考えながら他の作業をするのは、集中しているときより効率が落ちるだろう。
また、イライラしている状態なら冷静な判断ができない可能性もある。

はっきり言ってそんなことを考えているメリットはない。

だから家に帰った後、仕事の事とかを忘れて遊べたり、他の事をできるのって相当凄い才能なのだ。

正直、私に教えてほしいくらいです(´・ω・`)。


この才能、技術は習得しておいた方がいいのか?


結論としては、あった方がいい。

というか、持たないと精神を病む可能性が高い。

大抵仕事と言うのは嫌なことが何個かある。

人間関係だったり、仕事がうまく進まなかったり、体調が悪かったりしてイライラしたり気分が悪くなることは必ずある。

それをリフレッシュして次に気持ちよく過ごすには、嫌なことは忘れられるようにした方がいい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です