人と比較するというのは止めよう

わたしです。

人間は他人からよく比較をされます。

それは成長のきっかけになったりするのですから、比較と言うのは昔からされているのだと思います。

ただし、程度を超えたものははっきり言ってストレスにしかなりません。

<スポンサーリンク>




どんな人なら成長につながる?


それは、比較をされる本人に成長の意志、つまりは向上心がある場合だけです。

それに加えて、比較をされることで負けん気を起こせる強い人間のみです。


こんな人はむしろ比較をしない方がいい


自分と他者を比較し、他者の方がレベルが高すぎる。

「あぁ…勝てるわけねぇわ。やーめた」

ってなるタイプの人。

もしくは他人と自分を比較して「俺はこいつよりできない(´;ω;`)ブワッ」

となる人ですね。

要は諦めやすい人と自己嫌悪に陥り易い人です。

「無知は恥」とよく思われがちですが、知らない方がいいということもあるのです。

他者との能力の差なんて「知らぬが仏」です。知ることによって活動や行動が止まるくらいなら。


他者から強制される比較は流していく


他人に比較を強制されてしまうこと。

「あの人は、君より効率もいいしうまくできるよ」

本人にそれをとらえて、向上する気が無ければ、ただただイライラするだけです。

向上心がないのが悪いとは思いません。

誰も全ての事において向上心があるとは言えないし、興味のない分野やものだってあるでしょう。

それを全て比較されていては心身ともに疲弊するでしょう。

全部受け止めていく必要はないです。


最終的には…


 

自分と他人を比較するな。

知ることで行動を止めるくらいなら。

人から比較されても気に留めるな。

疲れるだけ。

というのが言いたかっただけです。

本当に、知ってしまうことで行動を止めてしまった経験がある人は、絶対同じことが起きます。

むやみに他人と比較するのはやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です