上とか下とか意識する必要があるのか?

茶袋です。

 

色んなところで相手より上に行けだとか、下にはなるなとか言う話を聞きます。

また、上流階級や底辺など上下の表現をよく聞いたことがあるのではないでしょうか。

わたしもよく意識する部分ですが、正直現代人は気にし過ぎなのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>




競争心を持つこと自体は良い


競争心を持って、上を目指すことは自分の成長にもつながるし、良いでしょう。

しかし、それは本人に成長の意志、向上心がある場合のみです。

つまり、本気になりたいものがあるということが前提条件です。


他人に強制される上下判定とは何か?


大抵、上下を言われることになるのは他人からのパターンが多いですね。

自分で比較する場合は、まだ上で挙げた前提条件を満たしている場合がありますが、

人から言われるパターンはあまり満たしていることが少ない気がします。

 

他人に強制される上下判定は、他人の観点から見た評価です。

その全容を知るには。その人がどういう観点で評価を下しているのか知る必要があります。

しかし、他人の考えていることを全て知るというのは、非常に難しいです。

というより、他人である以上無理だと言っていいと思います。

なので、あまり気にして努力しても、相手が上下と思っていたものは違う可能性があります。

努力が無駄になる可能性が高いです。

わたしが提唱するのは、「自覚できるまでは他人の評価は話半分に流す」です。

いちいち気にしていては、精神が持ちませんので。


上下って本当に全部の話か?


他人から言われることは多くあります。仕事や日常でも何かしら人から比較されるでしょう。

それは、悲しいことに今の世の中当たり前になりつつあります。

 

全ての人は、ある部分で見たら所謂「下」の人だがある部分を見たら「上」というものです。

ある一部分だけを見て、その人が「下」だと思うのは少し早計かと思います。

必ず、優れた点が1つは有ります。それが小さなことかおおきなことになるかはそれぞれですが。

 

これは、自分にも当てはまります。

なので、他人から見られた部分はいわゆる「弱」かもしれませんが、他の部分で「強」となる部分があります。


そんなに意識するべきか?


他人から「お前は彼奴より下の能力」と言われても、「そこはそうかもしれませんねぇ」と心の中で思っておきましょう。むしろ全て水準程度の能力を持っている人の方がいません。

大抵「上」と言われる人間は、世間一般の「むちゃくちゃできる人」と大体同じ意味だと思われます。

上と言われたら素直に喜べばいいですが、下と言われても、自分が水準レベルまである可能性もあります。一概に言われても気負わなくて大丈夫ですよ。


最後に…


自分の「弱」を「普」に変えるために努力するのも大事ですが…。

自分の「強」を意識してみるのも大事だと思いますよ。

人間オールラウンダーなんてほとんどいないんですから、自分の強いところを知って

どのように人生を謳歌するか考えましょう。

 

そうすれば人生を充実できるかもしれないなぁ…と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です