会社員になってからアニメが面白く感じた

茶袋です。

<スポンサーリンク>



 

今回は物凄くくだらない話ですが…。

最近、アニメや漫画を見るのが面白く感じてきました。

何故、このようなことが起きてしまったのか…。

少し考えてみました。


自分のアニメ視聴歴


このわたし、生まれてアニメと言うのをほとんど見たことがありませんでした。

まともに見ていたアニメは「星のカービィ」でした。あれだけは全話見ました。

漫画に限っては、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」くらいしかまともに見たことがなかったです。

なぜか、その時は漫画やアニメにあまり感動しなかったのですね。

漫画は暇つぶしのような感覚でした。

その時代の私は、ゲームの方が好きだったので、そっちの方が面白く感じたのですね。

 


記憶力のない人間が毎週のアニメの時間なんて覚えてるわけないよ


アニメって毎週決まった時間に放送してるじゃないですか。

その時間を大体覚えてないんですよね。

星のカービィを見ていた時は朝の8:00からやってたと思うんですが、

結局8:00なのか、8:30なのか分からなくて、親に録画お願いしていました。

 


ビデオやDVDを借りれるシステムはできたけど…。


そこまでして見たいものがなかった。

その時代はアニメを見ている時間がもったいなく感じたんですね。

あの時の時代の方が、時間は沢山あったはずなのに、不思議ですね…。

 


だが、今は…


アニメと言うより、アニメを見て「その時代の思い出を感じる」というのを楽しんでいる気がします。

アニメを好きな時に見られた、学生の頃の自分を感じられるのです。

面白いというより、懐かしんでいるだけかもしれません。

もしくは、アニメを見ることの羞恥心がなくなっただけなのかもしれません。

 

人間って年をとると変わるもんなんですね。

嬉しくもありますし、悲しくもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です