継続って毎日することでもないよ

平日だけど、ブログ更新するぞー。

カフェに来たら、なんかスーツ姿の人しかいなくて恐怖を覚えました。

茶袋です。

 

<スポンサーリンク>



よく「継続は力なり」っていうじゃないですか。

あなたもきっと言われてきたと思いますし、心に残っている言葉だと思うんですよ。

割と事実ですからね。

 

ただ同時に、継続って毎日続けるみたいな概念を強要されませんでしたか?

例えば、「勉強する」って青年が言ってですよ。

2日続けましたが、その次の日はゲームしてさぼっているみたいです。

そしたらほかの人は「何さぼっとんねん」というと思うんですよ。

俗にいう煽りになるんですかね。

 

これって「継続は『毎日欠かさずやるもの』」って固定概念があると思うんです。

継続という単語をコトバンクで調べたら、こう書いてありました。

 前から行っていることをそのまま続けること。また、そのまま続くこと。

ここに、毎日欠かさずやることなんて書いてないでしょう?

ならば1日あるいは2日、はたまた1週間休んでいても、あきらめずに続けているんなら「継続」って言えるんじゃないですか?

そんな毎日続けるっていうのが最初からできるんなら、そいつは大物になりますよ。

 

そりゃあ毎日続けられるほうがいいに決まっているよ?

1日3時間ずっとやる人と2日おきに3時間じゃ1週間で6~9時間の差がつくからね。

それが1か月も続くと約1日の差になるわけ。

期間が長くなるたびに、習得できる技術や進捗に差が出るのは明らかだ。

でも、やらなかったら0だよ。

「継続できなかった、ああもういいや」ってなるだけで今までのやった時間が無駄になるわけですよ。

それぐらいなら今日は休んだけど、また明日しっかりやればOKという心持ちのほうがいい気がしません?

 

心の余裕を持たないと、今やってることがどんどん辛くなってくるかもしれない。

自分は正直、自分の今やっていることが嫌いになりたくないから、気分が乗らないとかやる気が出ないってときは

もう仕方がないかなって思うことにした。

 

焦る気持ち自体は悪くないんだけど、自分で自分にストレスをため込んじゃ本末転倒だよ。

何のために仕事から解放されて自由になりたいのか?

一番大きなところは会社による不安やストレスをなくすためだったはず。

なら、自分をストレスの材料にしちゃだめだ。自分はそんな人間と認めてあげよう。

案外その方が自分に最適な継続方法が見つかるかもよ?

 


まとめ


①とりあえず続けば継続。あきらめなければいい。

②心の余裕をもって進んだほうが、よほど継続できるよ。

 

ということでした。

おしまい。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です