ブログやSNSは焦ってはいけない

朝ですが、自分への戒めを込めて更新します。

どーも茶袋です。

 

<スポンサーリンク>




まだ待て


「できない、全然進歩がない」という状態が続くと、自分のやっていることに疑問が出始めます。

しかしホントにできていないのか、まだ成果がでていないだけなのか。

それが判断できていないのに、やめたり、あきらめたりするのは早すぎると思うのです。

 

もし2日や3日やってみて、ダメだったって程度だったらまだあきらめないほうがいいです。

それはホントにできていないのか判断がつかないですから。

 

ブログなんかは知名度という最大の壁がありますから、その壁を超えない限り

できていないのかって判断がつかないと思うんです。

 

TwitterとかのSNSでの反響が全然なくても、あきらめてはいけないと思うんです。

知名度も何もなければ、そりゃあ見られません。

 

というより、ここがブログやSNSの孤独な時期なんじゃないかと思います。

誰も見てくれないとか、反応も来ないとか。

そんな時期が続いている間、できていないという考えを抱きやすいんじゃないかと。

 

知名度がある程度つくまでは、何の反応がなくても!誰も見ていなかったとしても!

簡単に辞めちゃいけないなと思った次第です。

 

おしまい。

 

蛇足

でも見てもらえるような努力とか戦略は立てないといけないかな。
私にはそれが足りないかもしれないね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です