そろそろ「紹介」の紹介が必要になってくるか?

おはよーございます!

茶袋です。

 

今日は「紹介」の紹介が重要になってくるかもしれないなと思いました。

個人のサイトがすでにコンテンツ化したり、もう1部のメディアとして成り立っちゃってるものが多いわけです。

例えば、ブログ界では有名なヒトデさんとか、アフィリエイト界では有名なひつじさんとかね。

 

だからこれからって個人のサイトやメディアの紹介って結構重要になってくると思うんですよ。

サービスなどの「モノ」と一緒ではありますが、あくまでも注目するのは「個人」みたいな。

前述したヒトデさんやひつじさんも一般人は殆ど知らないですし、何の情報を手に入れられるのかってのも知らないと思いますからね。

 

と言っても、興味の範囲なんて全部網羅できないんです。

例えば、私は運動嫌いなんでスポーツ関連はものすごく疎いです。野球のプレイ人数すら知りません。

だから私がスポーツで有益な情報を配信している個人メディアなんて探せないんです。

興味がなければそもそも検索や情報を得ようと行動しませんから。

だからこそ、みんながやることに意義が出てくるんじゃないかと。

 


実際ちょくちょく紹介している人はいる


これを専業でやっている人はいなさそうですが、紹介している人は結構います。

例えばユウさんのブログのこの記事は、それに当てはまると思います。

アフィリエイトをする上で参考にしている20のブログ・サイトを紹介

 

どんなものを参考にするか、どんなことが参考になるかが書いてあります。

これがあるだけでも結構違うんですね。

案外知らないコンテンツを作っている人だったり、価値を提供している人もいます。

その人がどんな風にビジネス展開しているのかを学べるわけですよ。

 


これをブログでする必要はあるかな?


そこが疑問だったりするんですね。

情報の発信は別にブログじゃなくてもNoteやTwitterでもできるわけですし。

ただ、情報を求めに来るっていう観点から見るとSNSよりはブログの方がいい気もします。

 

しかし、こういう「人を探しに来る」行為って割と暇つぶしからつながるってこともあるので

見る可能性の高いSNSの方がいいんじゃないかなぁと迷うわけです。

 

大いに迷っていこうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です