人生は30まで

これは持論というより、僕の目標であります。

それがタイトルになるわけです。

 

今回はなぜ人生が30までと考えるか、30までに何をしていきたいのかを語りたいと思います。

ちなみに自分はまだ20代前半です。

ちょっとヒートアップして口調が悪くなるかもしれないが、ご了承ください。

若い時が一番大事

個人的に30ってもうおっさんっていう感覚があって、

生活に多少の妥協が必要な時期かなと考えています。

少なくとも、若い時と同じように動けないだろうと。

 

ならこの若い瞬間に動くってすごく大事じゃないかと思うんです。

というか、若い時に動けなかったらもうずっと動けないだろうとさえ感じています。

年をとればとるほど動くのにエネルギーや労力が必要になるでしょうから。

 

つまりは自分に対する挑戦状を突きつけています。

30歳までにできなければ、自分はもう終わりだと。

なぜそこまで「自分」にこだわるのか?

浪人の時に疑問に思い始めたのです。

「俺は自分で何かを決めて生きてきたのか?」

その当時の自分の人生を振り返ったんです。

ものの見事に「なかった」 本当に何も自分で決めたものがなかった!

 

その瞬間です。「俺は今まで他人に流されるまま生きてきたのだ」と思い知りました。

だから、自分の意志や意見もなかったし、はっきり言って他人に逆らうとかいうこともなかった。

でも一番辛かったのは「人に流されて生きてきた」という事実でした。

当時はそこそこ自分で決めてきたつもりだったのです。今思うと「笑わせるなよ」と言いたくなります。

 

そこからやっと自分についてを真面目に考えるようになったんです。

「20近く」でですよ。自分がやりたいこととか自分がどんな生き方を目指しているかとか。

その時にわかったんですけど、自分のやりたいことって大抵世間の常識から外れたり、

無理とか言われるものなのだって悟りました。

結局自分の人生の目標は「自分の力で会社に依存せず生きていく」ですよ。

要は、勤め人じゃなくて自分で生計立てて「一人で」生きていきたい、ですね。

 

こんなの「世間一般」じゃむっちゃ叩かれますよ。

結婚しろーとか、会社員じゃなくて生きていけるわけねーだろとか。

でも、ネット見てたら結構自分で生計立てて暮らしている人いるじゃないですか。

「無理じゃない」じゃないですか。可能じゃないですか。

じゃあやりますよ。頑張りますよ。後悔したくないから。

自分の妹にも勤め人以外の可能性を示したい

これは自分の底から出た想いです。

僕は妹がいますが、ちょうど7つ離れています。誕生日が同じ月ですから。

ですが、彼女はこのままいくと勤め人になりそうな気がします。

 

勤め人をするという経験自体は悪くないですが、はっきり言ってかなり代償の高い経験になると思うのです。

辛い思いしてストレス溜めて、怒鳴られたりして気づくのが「時間の大切さ、ストレスをためないことの偉大さ」です。

で、辞めるまでに時間がかかります…と。

経験している方から言うと、ホント勧めたくないんです。この働き方を。

できれば同じ道を歩んでほしくないなと思っているんです。

 

適正は違うので勤め人が合うかもしれませんが、彼女に教えなくてはいけないのは

勤め人以外の働き方、生き方なんです。

実は私の家族は典型的な「世間一般」の家計です。みんな会社員やったって人のみで構成されています。

親戚もみんなそんな感じです。母の妹だけは自営業だったような気がしますが、それも家業の引継ぎだったかな?

 

まだ、家には勤め人以外の生き方をした人がいないんです。

なので「就職しなくてもいい」という視点がないんです。

だから予想でしかないんですが、彼女は「就職」を前提に物事を見てしまうと思うんです。

そして前述したいやーな思いをしてしまうかもしれない。

 

そんな思いをする前に、一度証明したいのです。

別に就職しなくても生きてはいけると。

もっとみんな自分にこだわりなよ

この記事を通して、僕が考えるのはこれです。

人生30年論は置いといて。

 

もっとみんな自分にこだわればいいと思います。

自分の腹から出た意志や想いを知るだけでも、人生の指針は変わりますよ。

 

僕も、浪人時代がなければずーっと流されて生きてきたと思いますし。

そのためにも自分について考える時間、設けましょう?

 

じゃあ明日一歩でも進むため、また頑張ります。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です