これだけはやっとけというサービス

世の中のサービス一覧…というものを作り始めていたときです。

これやっとけば「大体のことに対応できるな」というサービスがあったので、紹介しておきましょう。

 

その名前は「ココナラ!」である。

<スポンサーリンク>



ココナラ!

2012年1月4日設立したサービス。割と最近できたサービスである

「皆の得意を売る!」というモットーで行っている。いわゆるクラウドソーシングというやつだ。

 

ココナラのすごいところ

「恐ろしいほどの汎用性」に尽きる。

大抵のジャンルはすべて対応しているし、自分たちのような一般人も出品(売る側)に回れる。

自分のビジネスや稼ぎを作るということが可能なのだ。

 

そして最初に行った恐ろしいほどの汎用性とは、いわゆるジャンルの範囲、ニッチさがすごい。

例えば、「その他」というジャンルを見てみるとこんなのがある。

正直普通なら幽体離脱とか刑務所の話がお金に変わるとは思わないはずだ。

しかも、それが金の元となるということも知らないはずだ。

それがココナラへ行けば分かる。

このサイトへ行くと、むしろお金にならないことがあるのかという疑問すらわいてくるから不思議だ。

売買の視点で見てもすごい!

この範囲の網羅から、自分がほしいと思ったものを依頼しやすい。

ほぼすべてのことを誰かしらが売りに出しているといった状況だ。

つまり、誰にも依頼できないという状況がほぼ起こりえない。

専用のサイトであればジャンルごとにネットサーフィンをしなければならないし

この範囲の広さをカバーしているサイトもほとんどない。

買うという視点では非常にやりやすいサービスである。

 

逆に「売る」という視点で見た場合はどうだろうか。

これは、個人で「どんなふうに稼ぐか知る」という点では非常にいいサービスと言える。

それは先ほどの画像にある通り、

「こんなん金になるか?」って、世間で微妙なものでもお金を稼げるという視点を持てる。

また、みんながどういった得意を売っているのかも調査できる。

発想を柔軟にできるという点で、ココナラは非常に良いサービスと言えるだろう。

このサービスはもっと勢いを増す

おそらくこのサービスはどんどん大きくなるだろう。

今まで個人で作れる専門サービスは存在したが

総合として全員のニッチな要望を叶えるためのサービスはない。

 

そして、そう遠くない未来に個人でできないことがほぼなくなるだろう。

個人で大抵のことが依頼可能になってしまっているのだ。

だから、今後「個人だからできない」という言い訳は一切通用しなくなる。

自分でできないのなら「頼めばいいじゃない」と返ってくる世の中になるだろう。

 

強いて言えば個人と会社の「差」は使える金の量だけだ。

それ以外になんら変わりのない時代がくるであろう。

 

加えて自分の強みを知ることがものすごく重要になってきたと言える。

 

ココナラを見るとわかるが、自分だけが知っている情報や経験。

これは自分の強みだ。金になるだろう。

ゲームをたくさん持っていて、ものすごくゲームに詳しい自信がある…。

これも自分の強みだ。金になるだろう。

「実はペンタブレット持ってるんだけど、全然使ってなくて新品同然なんだよなぁー

イラストの描き方教えてもらう代わりに、ペンタブレット貸す」

というのもできるだろう。貸せるという状況も十分に強みだ。

物置になっている人はそんなにいないはずだから。

 

といったように自分だけがもっている長所を知って、それを売るというのが重要になる。

それがビジネスにもなりえると考えると、非常に大きいことだと思えないだろうか。

まとめ

ココナラやるといいことあるよ。

いいこと

  • 稼ぐ発想が身につく
  • 自分の強みを知る習慣が身につく
  • やりたいことを実現できる(大体のことを誰かが売っているから)

 

今日はこれでおしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です