おかしいよサラリーマン

深夜テンションで書いてるから、記事内容ちょっと雑かも。

 

ビジネスの話や内容について勉強していくと、物凄く不思議なことがあります。

サラリーマンの価値についてです。

サラリーマンって何もしなくても金もらえるよね

よくよく考えるとサラリーマンは、何もしなかったとしても給料が払われますね。

「時間給」という括りでお金が支給されていますから。

 

でも、ビジネスは売れた、売れなかったという成績で売り上げが左右されます。

だから儲かった日もあれば全く儲からずに赤字だった日もあるわけです。

 

世間一般では就職してサラリーマンになるのが普通だからか、自給的な価値観が一般的になっています。

ですが、最近はこの価値観の方が異常じゃないかと思えてきました。

サラリーマンって誰に価値与えているの?

ビジネスであれば顧客がいるわけですから、価値を与える対象はおのずと顧客になります。

だから「顧客に対する価値」を考えて突き詰めることで、儲けを出していく。

これが普通だと思いますが、サラリーマンは誰に対して価値を与えているのでしょう?

 

これ物凄くあいまいになっていると思いませんか?

サラリーマンは会社ありきの存在で、サラリーマン個人に価値があるわけじゃない

仕事として接客をしているのであれば、「顧客かな?」と考えがちですが

あくまで顧客はあなた個人を買っているわけではありません。会社を買っているはずです。

あなたの商品ではなく、「会社」としてみた商品を買っているはずです。

 

つまり、あなたがたとえ接客をしていたとしてもあなた自身で顧客に価値を提供しているわけではありません。

あなたについている「会社」という立場が顧客に対する価値を提供していて、それがあなたである必要はありません。

もしあなたがいなくなったとしても、引継ぎという名の作業をすれば代わりに他の人がやるでしょう。

そこにあなた自身である価値がないわけです。

サラリーマンは会社に価値を与えている?

となると、私たちサラリーマンは価値を誰に与えているか?という問いは、「会社」と答えざるを得ません。

会社に労働力を与えているという解釈が一番妥当ですね。

 

ですがこの労働力は、自分である必要があるでしょうか?

自分でなければいけない理由がありますか?ほぼすべての人はないでしょう。

引継ぎや教えれば他の人にもできるというのが全てです。

 

つまり、「個人に対する価値」がないんです。

自分じゃなきゃダメだとか、この人じゃないと絶対にダメっていう価値が。

私たちは個人じゃなくてただの労働力としてしか見られていない

この事実に気づくと、サラリーマンが途端に嫌になります。

自分自身に価値が無いので、自分の仕事が他の人でも代用可能だったりするんです。

それを一生懸命やるなんて、何か物凄く無駄なことだと感じてしまいます。

 

なんか、自分が一生懸命やったことが他の人でもできるような内容だったら

時間をかけてまで頑張ることの意味がわからなくないですか。

 

これが「サラリーマンがおかしい」とおもったことです。

 

今日はこんな感じでおしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です