【ゲーム】RPGツクールMVで作成中

進捗報告で出てきたゲームについて。

この月~水の間でいろいろいじっていました。

既存機能でやりたいことがどんだけできるのかを調査してました。

 既存機能でできないこと

  1. 戦闘メンバーを戦闘開始時に変更する(最悪できなくてもいい)←断念
  2. 状態異常を重ねてより強力な状態異常にする(変数+コモンイベントで実装できるか要調査
  3. パッシブスキルの設定(スキルは使うこと前提?)→プラグインで何とかなる可能性が出た
    できない項目があるので一部解決
  4. 能力値の振り分け(ディスガイアのスキルポイント割り振りのイメージ)
  5. 全体から仲間を選択してパーティを組ませる
  6. バッドステータスの強度をつける
  7. 弱体の減少率の設定(少なくともプラグインは必要)→代替案は作れました
  8. デメリット技の設定
  9. 相互に作用する技(例:自分と敵1体に影響する)
  10. 攻撃と回復を両立する技の設定。
  11. 対象を味方を含めた全体にする。
  12. 既存のステータスからもう1つステータスを追加する。
  13. 状態異常等でHP、MPの減少率を数値で指定する。
  14. ある条件の時だけHP1で耐える。
  15. HP、MPを消費するスキル使用後、戦闘不能になる→可能ではあります。
  16. スキル選択後1ターン後に発動するなどタイミングをずらすスキルの設定。
  17. 味方を2体選択して回復
  18. リレイズ性能をもつスキル
  19. 武器をスキルの取得で変更させる。
  20. 行動回数の増加をタイミングで変更する
    例:2回行動
    ①自分の行動が2回
    ②自分の行動、ターン終了時に1回ずつ。
  21. バッドステータスを相手に移すスキルの設定
  22. ステータスに新しいパラメータを表示する。
  23. スキルレベルの設定→プラグインで何とかなる可能性が出た
  24. スキルツリーの設定→プラグインで解決

ここにあげた項目は実装しようと思っていた項目だったので、非常に困りました。

まだ全体の5%もやっていないので、今後やっていくうえでまだまだ出てくるでしょう…。

 

追記(20180713) 9.と11.はプラグインで解決しました。

追記(20180714) 7.はプラグイン導入で代替案は作成できました。

追記(20180716) 12.と22.はプラグイン導入で解決の可能性がでました。しかしまだ、そのステータスをしっかり使えるかは確認できていないので、まだ解決したとは言い切れません。

追記(20180718) 3.と23.はプラグイン導入で解決の可能性がでました。しかしステータスやプログラムが難しいので可能かどうかの判断はまだ先になります。

追記(20180722) 3.と23.に関して元々の構想から仕様を変えようと思いました。

追記(20180729) 1.はできそうにないので断念。24.はプラグインで解決しました。
3.は上昇するパッシブは作成可能でしたが、下降を伴うパッシブの設定ができませんでした。
これをどうするか考えているところです。

RPGツクールMVはJavaScriptでできている

プラグインや戦闘のシステムを調べていたら、MVがJavaScriptでできていることがわかりました。

つまり、オリジナル要素を作ろうと考えるとJavaScriptを作る必要があるわけです。

バリバリのJavaScriptって組んだことがないので、できるかすごく心配です。

プラグインが対応しなかったり、理解に時間がかかったり

RPGツクールMVはプラグインを入れることができ、それはいろいろあるんですが…

設定やその仕様を理解するのに時間がかかったりして、手間がかかるんです。

英語だったりすると翻訳するのに時間がかかったりもするので、自分で作った方が勉強にもなるし

今後ツクールMV使っていくなら役に立つかなと思いました。

参考にするサイト

以下のサイトを見て、14項目のうちどれか1つ作ってみますかね。

初心者でもわかりやすいプラグイン作成方法

プログラムが多少わかる人用のプラグイン開発

 

探したらまたよさげなプラグインを見つけた。

これで「味方を範囲に含める」と「デメリット技」、相互に左右する技はじつげんできるかもしれない。

導入してダメだったら同じようなプラグイン作るしかないかな。

状態異常、ステート強化プラグイン

↑のサイトにあるプラグインを導入すると、敵味方を対象にしたスキルの発動、敵1体+使用者1体に作用する技の作成が可能になりました。

プラグイン作者のトリアコンタンさん、ありがとうございます。

弱体の減少率の設定について

Google検索で探してみましたが、情報はありませんでした。

代わりに、弱体、強化の段階を2段階から3段階以上に変更するプラグインがありました。

弱体、強化の段階を3以上に変更するプラグイン

プラグイン作者の神無月サスケさん、ありがとうございます。

 

これで弱体、強化主体のサポートキャラも仕事がしっかり増えますね。

加えてこっちのプラグインを導入すると、25%の割合を変えることもできます。

流石に25%(1/4)は強すぎるので、自分は10~15%くらいが妥当かなぁと思います。

 

ツクールMVの弱体、強化の仕様は1段階ごとに能力が25%上下する。

ツクールMVの仕様は、2段階まで能力の上下をさせることができます。

加えて、1段階ごとに25%の割合で能力が上下するということらしいです。

 

強すぎて草が生えたww

デメリット技について

ステートを含んだデメリット技の設定は可能ということがわかりました。

ダメージ計算式にはJavaScript文が使えますが、そこにa.addState(ステート番号)を入れることで実装できます。

「a.」は使用者を指すので、ダメージを与えつつ「毒」や「混乱」を受ける。と言ったことは可能になります。

 

しかし、これ以外のデメリット技を持たせる方法はまだ見つかっていません。

例えば敵にダメージを与えつつ、自分に弱体を与えるスキルなどは難しくなります。

ステートを使えば可能ですが、ステートの管理が面倒になってあまりよくないんですね...。

(「ダメージを与える」→「使用者に弱体用のステートを与える」で一応可能)

 

いやぁ…まだまだ課題はいっぱいありますね。

 

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です