格差はないけど階級はある社会

日本に住んでいると多少感じているのですが

人によって受けている状況やストレスが全然違うのですね。

 

しかし、それは格差と言われると疑問でした。

格差となると私個人のイメージとして、人間なら得られるものが得られない人が存在することだと

感じていて、それとは違うんですね。

日本では最低限の生活自体はできますし、弾圧されたりすることもないですから。

 

でも、物凄い違和感があったんです。

人によってなぜ生活やストレスが変わってくるのか。

おそらく日本は階級社会だと思う

働かなくても生きていける人、働かなければ生きていけない人がいます。

前者は富裕層と言えますし、後者は貧困層と言われる部類でしょう。

 

しかし、これ前者をあんまり想像できないかと思います。

それはその通りで、今の平均年収って20代で350万、30台で450万円らしいですよ。

平均年収って税金ぬいた金額ですから。税金入れたら多くても300万~400万ですね。

 

でも日本って富裕層が一応米国に次いで多いらしいです。

米国は1位なので、実質日本が2位なんですね…。

 

しかし、この国ってその割には幸福度そんな高くないんです。

156位中54位です。大体1/3ですね。

ちなみに米国は18位だそうです。

この差は、いったいどこから来るんでしょうね?

一般人ですら階級があるんじゃないか?

私個人的に感じているのは、一般人でも階級が分かれていることです。

ネットにすぐ繋がれるようになってしまったので、どうしても「できるヒト」が見えてしまうのです。

ニコ動とかPIXIVなどのサービスを漁ると、本当に多くの人が色んな作品をあげているのです。

私はその人たちを「逸般人」とよく呼んでいます。

 

よく「人は何かしらの特徴や技能を持っている」といいますが、少なからずそれを持っていない人がいると思うんです。

もしくは、いろんなサービス見てたら「自分には下位互換の性能」しかない…という人だっていますよね。

私は「下位互換であっても技能を持っている人」は素晴らしいと思いますがね。

技能が全くないのは辛い

自分がマンガ好きなんで、漫画で例えちゃいますね

ドラゴンボールの社会で日本を例えましょう。

何の技能も持っていない人は「戦闘力たったの5」の人

下位互換の性能でも持っている人は「ラディッツ」程度

逸般人の方々は「ナッパ」さんレベルと考えてもらえればいいと思います。

 

まず、ドラゴンボールの世界だったら確実に、下の人は上の人に勝てませんよね。

戦闘力たったの5じゃ、正直ラディッツにも歯が立ちません。

現に原作じゃ瞬殺でしたからね。

しかも戦闘力たったの5の人はサイヤ人でもありませんから、スーパーサイヤ人という逆転要素もないです。

俗にいう詰み状態ですね。

ゲームでスキルも何もないやつが主人公になれるか?

私含めてこのブログを読んでいる人は、「自由を得て幸せになる!」という目的を持っているはず。

 

ところでゲームはやったことありますか?

ドラクエでもファイナルファンタジーでも何でもいいです。(鬱ゲーのDODなどは想像しないでね)

主人公は大抵ハッピーエンドが待っていますが、その主人公たちに存在するものは何でしょうか?

 

特殊な技能、立場です。

例えばドラクエで言えば、「勇者」であり「魔法」を唱えることができます。

ファイナルファンタジーで言えばジョブであったり魔法を唱えることができたりすることですね。

 

これを私たちに置き換えてみましょう。

いやぁ、何か思いつきますかね?

自分で特出した能力が思いつかないのは、正直悲しいですよね…。

スキル振っていけばいいねん

「そんなのいやだー!」となるかと思います。

私も同じ意見です。

ならば、至極単純な話です。これから能力にポイントを振っていけばいいだけの話です。

私も現段階でスキルポイント振っている最中です。

何にスキルポイントを振るべきか?

世の中にはいろんなスキルがあります。

なので、どこにスキルを振るかはその人の自由だと思います。

その中で強いて勧めるとすれば、表現力を上げるスキルですね。

絵のスキルは持ってて得しかない

特に絵についてはある程度上手くなった方が人生はかどりそうです。

この1年間つくづく感じたのは、絵に関してはもう必修化でいいんじゃないのかと。

文章では伝えられないことは多いですし、素材を使っても絵の知識や技術がないと表現がうまくできないんです。

 

例えば、「今日に自転車に乗りながらおにぎりを食べていたら、カラスに器用に飯だけ取られた」

という話を文章で詳細に書こうとすると、長くなります。

しかも、文章が長い上に画像がないので、イメージが付きにくくなりますよね。

絵があれば確実にイメージもつきますし、わかりやすくもなりますね。

ゲームのように瞬間的にスキルを上げることはできない

ここでスキル、つまりは技能の習得に関して1つ補足を。

おそらく読んでいる方は、そんなすぐに技能習得はできないと知っているとは思います。

ゲームと同じスピードで人生は過ごせません。

 

まずは、やってみましょう。

正直、やってみたら「これ別にほしくないわww」となるものもあります。

落ちこぼれだって、必死で努力すりゃエリートを超えるかもよ

これは先ほど出たドラゴンボールの主人公、孫悟空の発言です。

実際我々は技能を持てば、それを活かして価値を提供することができるようになります。

つまりはこの日本で自由を得るための前提条件をやっとクリアできるわけです。

 

つまりは「戦闘力たったの5」からの脱却が第一目的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です