9月25日 今日の社畜日記

自分の就業時間(苦痛枠)がどれだけあったかを記録します。

今日ポッと考えた企画なんで、続けるかはまた今度考えます。

 

ほぼ自分用なので、文章量として短くできそうならTwitterで書いていくことにします。

全然更新していないので…。

 

最初なんで目的を下に書いておきます。

  1. 「日本の社畜・サラリーマンはこんな生活をしている奴もいる」ことを広める。そしてこの生活が異常であることを多くの人に認知してもらう。
  2. 自分の異常具合を客観的に見つめるため。記録していかないと、自覚できない可能性が高いと思う。

一応この2つを目的にやっていきます。

 

今日の就業形態

7:30 起床

9:15 出社 (電車遅延により15分遅刻)

0:00 退勤 (うち1時間は昼休憩)

1:20 帰宅

といった流れでした。

実働時間は実質14時間程度ですね。

準備・通勤に1時間30分程度かかるので、拘束時間的には17時間だったわけです。

(昼休憩入れると18時間ですってよ)

 

そんで明日は早くいかなきゃいけないんですって。

大体7時出発かな。寝れないね。

「俺の人生はゴミかな?」と思って仕方がないです。

寝る時間がない・風呂入る時間もない・休む時間もない

帰ってきて寝る時間が6時間あるか怪しいレベルでした。

これで風呂や食事もまだというんだから、恐ろしいですよ。サラリーマンというやつは。

 

一括りにはできませんが、こういう底辺みたいな生き方してるサラリーマンって実際にいるんです。無茶苦茶悲しい話ですけれど。

若い社会人(苦行)には少なくないと思いますね。

東京おかしいよホント

もう一つ異常に感じたのが、深夜帯に帰るサラリーマンの多さです。

私は終電で帰りました。おおよそ0:45前後だったと思います。

その時間に電車乗ったら、人いっぱいだったんですよね。サラリーマンも結構いたんです。

 

こんな働き方している人が、私以外に結構いるんですよ。間違いなく。

その人の始業時間がいつからか分かりませんが、1日であれこのように

日をすぎるまで働く必要がある…っておかしいんじゃないですかね?

ホントサラリーマンの働き方ってこれから\(^o^)/オワタ状態になってくると思います。

 

気になるなら適当に外に出てサラリーマンたちの顔でも見てくるといいです。

80~90%は目が死んでます。サラリーマンやっててそこそこ楽しくやってるのって

上の層のわずかじゃないですかね。他は…推して知るべしって感じで。

通勤長すぎ問題

ここ数日間で、事情により住む場所を変えられてしまったんですね。

(詳細に書くと特定されそうだから、ぼかしておきます)

その影響で今まで徒歩+自転車で40分で行けた場所が、電車+徒歩で1時間かかるようになったんですね。

ストレスもだいぶ変化がありまして、電車=満員電車なんで凄いストレスが溜まるんです。

そして東京の電車はすぐ止まります。そして遅刻、予定通りに着かないという事態にもなります。

はっきり言って以前の環境より大悪化したわけです。

 

先週、今週で一度電車通勤をして様子見しましたが、はっきり言って許容できる範囲じゃなかったです。

通勤の時間は本当に無駄しかないです。

電車通勤の無駄についてはまた別記事で書くことにします。

通勤問題に対する施策① 近くのカプセルホテルに泊まる

来週(9/30~10/5)まで、一度カプセルホテルに泊まって通勤の時間を減らすようにしてみます。

調べたらホテルから徒歩で仕事場まで行ったとしても、今の部屋から電車通勤するより短い時間で行けるので、十分お釣りもらえるレベルです。

具体的には1時間の通勤がおよそ30分(もしくは未満)まで抑えられそうです。

5泊で3万程度かかりますが、時間とストレスの有無に比べれば安いもんです。

味を占めたら毎週やるかもしれませんね(*´σー`)

 

予約は既にとってあるので、あとはやってみてどんな感じかというところです。

カプセルホテルに泊まったこともないので、楽しみです。

作業ができるかがすごく怪しいので、ちょっと怖い気持ちもあるんですけどね。

(パソコン+液タブが使えるかが一番気になる)

 

やってみた結果はまた記事にして展開しますかね。

社畜日記まとめ

教訓

  • 長い通勤時間はクソ&クソ。早急に対策を練るべし。
  • こんな働き方続けないほうがいい。早急に対策を練るべし。

大事なポイント:続けるにあたって

  • 就業時間を見直して、現在の置かれている立場を理解しよう。
  • どんだけ自分がやばいかを客観視しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です