カプセルホテル生活

カプセルホテルの生活をこちらの記事でまとめていきます。

とりあえず、まず1日目から記載していきますね。

1日目:まず到着

いろいろあって非常に疲れた状態での到着でした。

到着した時点で既に満身創痍だったのですが、まず部屋の中を見ていろんな意味で予想を裏切られました。

電源が3つもあるやんけ!

正直予想では1つしかなかったんですけど、まさかの3つ存在。

多分これは良いほうだと思いますが、素晴らしかったです。

部屋着があるやんけ!

服持ってきた自分がバカだったと。部屋着があるのでそれを着ればいいわけです。

しかもスリッパで動けばいいって話ですから、少なくとも服の準備はしなくていいですねぇ!

ヘッドフォンあるやんけ!

一番驚きでした。音を出すと周りに迷惑がかかるため、イヤホンを持ってきたんですが

それすらも必要なかったのですね。

流石にそこまで言いヘッドフォンではないですが、十分すぎるほどです。

大浴場の存在

やっぱカプセルホテルの利点はこれですね。大浴場。

東京の一人暮らしだと、大体ユニットバスですから無茶苦茶入りにくいんですね。

大体シャワーになることもおおいですから、これも素晴らしい利点です。

ランドリーの存在

これは田舎だと嬉しい存在です。と言っても、家の洗濯物は流石にもってこれはしないんですが、少なくとも多少楽にはなってくれそうです。

案外東京の下町、田舎になるとランドリーが全くない場所もあるんですよね…。

机があるやんけ!

机の存在は大きいですね。周りに人がいるのでそこまで騒げません。

そのため、実は遊んだりすることは難しくなるのですよ。

その際作業をするとき、机があるとすごくやりやすいんですね。

PC以外の作業も机があるだけでやり易さが変わりますから!

 

大浴場の感想

少なくとも大浴場…ではありません。

ですが、それを差し引いても十分すぎるほどの設備でした。

まず、シャンプーやカミソリ、ドライヤー、コンディショナーなどは全てついていました。

しかも洗面器などはなく取り付け式のシャワーで、非常に新鮮味をもって風呂に入れました。

 

まぁ浴槽自体広くはないので、人が多く来る時間帯は入れない可能性がありますね。

でも、シャワーだけでも東京の生活では十分すぎるほど堪能できます。

いやぁ苦労しても来てよかった。

 

それぞれの写真は取れたら2日目に取ります。

今回はもう23:30になってしまったので、食事をとって寝ることにします。

それでは、続きはまた明日書きます。

ではでは。

2日目:まさかの体調不良でぶっ倒れる

あまりにも気持ち悪くて帰ってきた瞬間に寝ました。

そのため、実は2日目は本当に何も楽しめませんでした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です