アズールレーンの親潮さん

久しぶりのキャラクター図鑑。

今回はスマホゲームのキャラクターを紹介していきます。

 

 

アズールレーンの親潮を紹介しましょう。

 

まず、スマートフォンゲームは余程の主要キャラクター出ない限り、ストーリーやイベントとして絡んでくることはありません。

親潮も現時点ではイベントがなく、セリフや見た目でキャラクターを判断することになります。

なお、ゲーム等での性能や強さについては語りませんのであしからず。

見た目の特徴

親潮はこんな見た目をしていますが、第一印象として残るのは

肌の露出と明るめの色構成です。

彼女の表情も穏やかな印象なので、性格として「明るい」イメージが感じられますね。

 

スマホゲームというものには、「声」のついているキャラ、ついていないキャラといますが

彼女はついているキャラクターです。

声は大野柚布子氏が担当しています。

 

中の人事情に詳しくないので熱く語ることができませんが、声の印象としては「わは~」っとした不思議ちゃんと天然キャラが混ざった感覚です。

個人的には広橋涼氏のイメージに近い声です。

 

実は中の人が自分と年変わらなくて泣きそうになりました

設定から考えられるキャラクター性

彼女のボイス、セリフから考えられるのは「人形師」と「くノ一?」ということでしょうか。

ただ、くノ一(忍者)に至っては、憧れているだけの可能性が高いですね。

「ニンジャっぽくない?」と聞いている以上、本職ではないのかもしれません。

 

確実なのは「人形師」ということです。

セリフとして職業柄糸をつける、人形劇をする等の人形に関するセリフが多いですから。

 

人形師といえば?

糸を通すような人形使いであることから、パペットマペットみたいに手で操るものではないですね。

人形劇といえば下から棒等で人形を支えて動かすタイプと上から糸をつるして動かすタイプがあります。

前者は支える部分が少なく、手でも操作ができるので表現がしやすかったりします。

テレビ等でやっているものは前者が多いイメージです。

後者は俗に言う「あやつり人形」で指の操作を要求される高度なものです。

 

親潮のやっているものが前者か後者か判断材料はありません。

が、「糸を使う」ことと立ち絵の指に絡めた糸から察するに「後者」側の人形師だと仮定します。

お姉ちゃんっこ

またセリフから察するに彼女は相当なお姉ちゃんっ娘と考えられます。

彼女には姉妹艦という意味で黒潮という姉がいます。

今は亡きヘアースタイル

親潮のヘアースタイルにも触れておきましょう。

特に大きな特徴のないセミロングですが、お団子を作っていますね。

 

今ってお団子ヘアーにする人はそこまでいませんし、キャラクターも多くないというイメージがあります。

中国キャラといえば少しお団子ヘアーというイメージが少しありますが…

春麗(ストリートファイター)とかシャンプー(らんま)とか苺鈴(カードキャプターさくら)などの中国系キャラクターはお団子ヘアーになっています。

普通のキャラクターで常時お団子ヘアーというとリデル(ぷよぷよ)くらいでしょうか。

 

共通して言えることは「少しかわいらしさを添える」といった感じで、親潮のお団子ヘアーもそれに貢献しているのではないでしょうか。

謎の角

親潮には元ネタの艦があるので、その影響の角かもしれませんが何故角なのでしょうね?

個人的には無いほうがすっきりして印象が良さげに感じるのですが、謎ですね。

姉の黒潮は黒髪ゆえに角がそこまで目立たないのですが、親潮は茶髪?に近いですから角が恐ろしく目立つのです。

 

それに角は鋭利なもので、少なくとも穏やかな印象はありません。

基本的に穏やかな印象の親潮にはちょっと違和感があるのですよねぇ。

外野がとやかく言うことではないとは思いますが、これだけはよくわからないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です