現代の噛ませ犬が何か言ってるよ

およそ3か月ぶりくらいに記事書きます。
名前…?ないよ。まだ考えてないです。

知らねえよ、カス!

そう返されると思っていました。
知っていたとしても全国で自分のそっくりさんくらい、少ないでしょう。

なので、少しだけ自分語りして満足させてください

噛ませ犬をこよなく愛する

キン肉マンでいえば、見せ場がほぼない「ミスターカーメン」「プラネットマン」を愛し…
ドラゴンボールでいえばほぼ勝ったことがない「ヤムチャ」「チャオズ」を愛し…
北斗の拳でいえば「ヒューイ」「ユダ」を愛する…。

知っている人ならわかると思いますが、彼らって
「結局何がしたい?」
ってレベルで存在意義を問われ、且つまともな活躍がないキャラですね。

ネタにされるか、外伝くらいでやっとスポットが当てられる…
そんな存在です。

俺は「現代」の噛ませ犬

私の中で、噛ませ犬キャラは非常に親近感が湧きます。
自分も人生20数年生きてきて、まともな成果や結果のない男でした。

一部ですが実例を挙げると

・私立が嫌で浪人したのに、勉強ができず現役のころより偏差値の低い私立大学に行った。
・中学時代の部活で3年生でありながら、技量が1年生より低い現実に病んだ
物事を自分の意志で完遂したことがない。
・会いに行く友人は一人もいない(ガチ)。

私はこんな男です。
特に目立つこともなければ、悪い成果だけが目立ち「ネタ」にしかならない。
そんな人間でした。

「噛ませ犬」にも「噛ませ」なりの努力ってのがあるのよ

だが、彼らも鍛錬して勝つようにするのと同じく私も活動をします。
それでたとえ勝てなくとも、「勝ち」には近づける。
そう信じて、頑張るのみです。

流石に先に挙げたキャラクターだって、一度は勝ちたいんです。
何かでいいから「自分の特徴」と思われるものを見せてやりたい。
そう考えて、みんな頑張っているはずなんです。私も同じです。

「噛ませ犬」のレッテルを誰がうれしいと思うのか

俗に言う「噛ませ犬」のレッテル。これでキャラクターが立っている人もいますが…。
それは喜ぶべきものなのでしょうか?

はっきり言って「払拭したい」レッテルですよね。

ヤムチャの声を担当していた古谷氏も、「活躍させてやってくれ」と懇願していたそうですし、僕自身も「ミスターカーメン」の勝利を渇望しています。

正直「同情」と「憐れみ」の対象でしかない特徴…。
こんなものを持っていて、誰も喜ぶわけがないでしょう!?

つまりこのブログの目的は…

つまりは自分の価値を上げる…「噛ませ犬からの脱却」がテーマです。

自分の人生は既に25年を超えて、どんどん消化試合へ移行しています。
ここで動かなければ、死ぬまでずっと噛ませ犬。
「わが生涯には悔いしかなかった!」と、遺言に残すのが見えます。

そんな人生は御免なので、誰に言われようが

「自分の人生・道」を作ります。それが私が死ぬまでの使命かと思います。



あー満足したっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です