どんな時でも効率をよくする観点とは?その1:自分ルール編

ザコです。ポンコツです。

ザコでも効率をよくできる観点を見つけたので、共有ばしたく書きました。

どこまでのレベルのザコを想定しているか?

主に以下のような人を対象として考えています。

効率が悪いと自覚する
「作業 効率良い方法」とか「効率アップ できる方法」と 闇雲に調べている人

効率が悪いと自覚する→いいサービスがあると聞いたからやってみた
「(´・ω・`)あれ、そんな効率上がってる?」 ←今ここの人

効率が悪いとは思っている
「( ^q^ )ぶっちゃけ調べるのめんどいれすww」と思っている人

観点①:ルールを定める

まず、ツールや作業の効率化を考える前に、ルールがしっかり定まっているか。

少なからず、作業には何かしらのルールが存在する…はずです

(`・ω・´)<必ず机でやる!

(´・ω・`)<家じゃ絶対やらねーから外でやる。

と。

「効率が良い」=「時間効率が良い」だけではない

完璧な人であれば、時間効率を求めても作業はできるだろうし
(=゚ω゚)<効率を求めるとしたら、残りは時間のみ!
となっているかと思います。

しかし、我々ザコはそんな完ぺきではない。

一度挫折したことのある人なら、こんなことを経験したことはないだろうか?

(((´・ω・`)))<効率上がるって聞いたツール使ってみたけど、なんかコレジャナイ感あるなあ。でも、効率上がるって聞いたしもう少しやるか…

\(^o^)/<なんかツールと今までのやつどれがどうなってんのか分かんねw

( ˘ω˘ )<そして考えるのを止めた

②(;’∀’)<効率は上がったけど、つらくて作業できる時間が減ったんですよねぇ

→(´・ω・`)<あれ?じゃあ大して変わってないんじゃね?なんのために俺調べたの??

→ ( ˘ω˘ )<そして考えるのを止めた

「効率が良い」=「モチベーションが上がる」+「時間効率が良い」

声を大にして言いたいのは、「時間効率だけ」求めたって自分に良い結果は出ないということ。

極端なことを言ってしまえば、時間効率の良い最強の方法は

( 一_一)つ<俺の今から言う作業を全部「お前」がやれ。

と他人や友人に全部押し付けるのが一番簡単かつ時間効率もいい。

だが、果たしてそれで自分が面白いか、満たされるかどうか。

ほとんどの人が首を横に振ると思う。

面白くもないし、どうでもいい作業の場合

先ほどの自分が面白いか…ってくだりで、
(;^ω^)<効率を上げたい作業別に面白くもなんともないんだけど

と感じた人がいるんじゃないでしょうか。

(◞‸◟)<それは効率上げる云々の話じゃないです…。

我々は完ぺきではないので、無理矢理やっても満足できるクオリティのものは作れません。

それについて考えたり検討する方が、非効率と言えます。
脳が疲労して疲れてしまいます。

どんな法則でルールを定めればいいか?

(・´з`・)<能書きはいいから、どう決めりゃいいか教えてよ

と聞こえた感じがしたので、そろそろルールの定め方を展開しましょう。

やることはだいぶシンプル。

  1. 自分の思う効率を度外視して、成功した、うまくいった方法をまず挙げる。
  2. 「1.」を含めて自分が楽しい方法を考える。

それぞれ、ゆっくり語っていきます。

自分の思う効率を度外視して、成功した、うまくいった方法を挙げる

ここで重要なのは、「自分で思い込んでいる効率の良さ」を完全に切り離すこと。

大体こいつのせいで、「自分にとって」という部分が抜けます。

(*^▽^*)<ココの管理人でいうと、「一人チャット」とか「徴収制度」だったりします。あなたの好きな方法、やり方一度しっかり考えてみましょう。

(;^ω^) <いやいや、どう考えろと?

普段あなたが何気なくやっている習慣を考えるとよいと思います。

例えば、朝のほうが頭がハッスルしてるとか、俺夜行性なんだよねとか。

煮詰まったら散歩に出かけるとか、僕みたいに寝る方がすっきりする…とか。

挙げだしたら、結構あるはずです。

参考までに自分のを挙げると

  • スランプ、煮詰まると寝るor動画視聴会開催
  • Twitterしたいけど、コミュニケーションまではしたくない
  • 紙は絶対に見ないけど、Slackは絶対に見る。
  • ほめられると調子に乗って、作業をしてくれるらしい
  • すぐサボるけど、ペナルティがあると多少がんばるらしい。
  • 基本的に夜型

これに関しては、僕の情報よりよっぽど有益なサイトがあるので
下記リンク内の記事を見ることをおススメします。

自己分析と自己理解なら専門家の八木さんのサイトを回る方が有意義です。

自分コンパス

https://jibun-compass.com

「1.」を含めて自分が楽しい方法を考える。

先ほどあげたものを含めて、効率が良くなる方法を考えます。

この時は1㎜でも「楽しさ、遊び心」を入れるように考えると、その方法が苦痛ではなくなりますよ。

私の例であれば、

  • スランプ、煮詰まり→寝るor動画視聴会開催 ※寝るの気持ちいい
  • Twitter普段しないから、1日の作業報告はTwitterで。※作業報告ならコミュニケーションなぞ発生しない。
  • Todoの展開、進捗はSlackのチャットで。※一人チャット楽しい
  • 誰も褒める人いないから、タスクが終わったり頑張ったら一人チャットで自分をほめること。※自分を認めるって楽しいっすよ。
  • これらの更新がない場合、サボったということ。
  • ペナルティがないとサボり続けるので、お金を徴収するペナルティルールを作った。 ※金の数値見たらサボった量が可視化できるし、数値の量を見て笑うこともできる

まとめ

今回、一番伝えたかったのはこれ。

効率の良さを求めたいなら「自分の成功した、うまくいった方法」を前提にして
遊び心・楽しさを入れたルールを決めてから、考えよう。

と、そんな感じっ。

んじゃ、今日はこれでおしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です