浪人したくせにFランク大学言った人間の話

やあ。また私の話なんだ。

すまない。僕の人生の転機の話をさせてくれ。

 

何故浪人したのか?

これに関してはよくある話。

僕は国公立に受からず、私立にしか受からなかった。

 

それで親に申し訳ないと思い、僕は浪人をすることを選んだ。

大学にかかる費用がすごく大変だと聞いていたから。

 

今思うと「親に申し訳ない」と本心から思っていたのかはすごく怪しい。

あくまで僕は「そうするのが一般的に良い」としか考えていなかったと思う。

予備校に行くことになり、初めて一人暮らしになった

そんなこんなで僕は大阪の予備校に行くことになった。

自分は北陸地方の人間だったので、大阪のアパートに一人暮らしすることになったのだ。

勉強は面白くないし、何もしたいことはないしで空虚な毎日

最初こそ勉強をまじめにしようと頑張ったが、途中から勉強する気力が失せてきた。

正直な話、大学に行ってやりたいことなんて最初からなかったのだ。

包み隠さずいうと、将来何がしたいかとかどういう生き方をしたいのか何一つなかった。

文字通り何一つなかったのだ。

 

目的もなくやりたいこともなく何かを頑張れるわけがない。

初日はホームシックで泣いた

本当に予備校に言った最初の日、18の人間が部屋に帰ってガチ泣きした。

あれから6年たったが、あの時以上に泣いたことはない。

 

何故泣いたのかというと、非常にさみしかった。

本当にそれだけで、その晩一日中泣いていた。

 

多分一人暮らしを最初にしたときは誰でも通る道なんではないだろうか。

一人暮らしだったから、話せる仲間なんて自分しかいなかった

予備校だったからね。

友人なんて作れるわけもなかったし、はっきり言って雰囲気自体も怖かった。

だから自分の悩みや不安に応えるのは、自分しかいなかった。

 

その時になってはじめて自分の気持ち・感情というものを知り始めたのだ。

浪人時代までは感情は封印していた

僕の高校までの生活は、はっきり言って今では全然覚えていない。

覚えているのは「あまり笑ったことがない」「嫌な記憶」の2つのみだ。

 

人に逆らったり抵抗するというのは気力が必要だった。

ならば何も考えずに従順にする方が楽だと考えていた。

 

だから人の言われたことなんて嫌なこと以外覚えていない。

思い出したくもない過去しかない、そんな人生だった。

はじめて自分について考え始めた

浪人になってはじめて「何がしたいか」「何が好きなのか」を考えるようになった。

 

今思うとそれは非常に稚拙なもので「ゲーム作りたい」「音楽やりたい」とかそんなものだった。

大体は小学校か中学校で思いつくようなことだが、それすら浪人時代までなかったのだ。

(当時無茶苦茶なことを夢として選んでいた。医者ってなんだよ医者って…( ˘•ω•˘ ))

勉強が悉くつまらない

予備校ではよく勉強時間を多くとった方がいいみたいなことを言われた。

だから、最初のうちは割と必死に10時間くらいの勉強をしたものだ。

 

だが、死ぬほどつまらなかった。

この知識が何の役に立つのか、こんなものを知って何になるのか。

この勉強している時間はいったい何の意味を持つのか?

 

楽しくもないものが長続きするわけはなく、数か月して僕は完全にやる気がなくなってしまった。

自分は勉学に全く向いていないと痛感した

おそらく一般的な人であれば、嫌なことでも多少の勉強はできると思う。

だが、僕はそうはいかなかった。

 

これとは別の話になるが、授業料ウン十万するTEC ACARDEMYで勉強した時も

恐ろしくやる気が出なかった。(一応目標自体はあったのだが)

 

学習欲の才能がないのも頷けるくらい勉学はダメだった。

少なくとも僕は勉強の方法はセオリーな方法では無理だということが分かった

結局勉強もせず私立に行くことになった

浪人としては恐ろしいほどの失敗だ。

(´゚д゚`#)<何のために浪人したかわからないじゃん!!

 

僕も浪人としては大失敗だし、その結果であれば最初から私立に行っておけばよかったと思う。

でも、1つの面では浪人してよかったと思っている。

浪人して自分にやっと向き合えた

浪人して一番良かったと思えるのは

一人に慣れて、自分自身とよく向き合うようになった

ということだ。

 

これがなければ今の自分は存在し得ないし、就職やサラリーマン人生に疑問も何も持たなかったと思う。

少なくとも何も考えずに人生を終えていた。

人と一緒に過ごすことのデメリットを自覚していなかった

その当時、僕は洗脳や他人からの影響というのをよく考えていなかった。

僕は浪人するまでは、親の言いなり、他人の言いなりになっていた人間だった。

 

今思うと取り入れたいものだけ取り入れて、あとは自分の思った通りでちょうどよかったと思う。

他人からもらう影響って本当にやばいよという話はまたほかの記事でします(´へωへ`*)

浪人で学んだこと

  1. 自分との対話をして、やっと自分の人生を歩み始められた
  2. 思ったより「人からの影響」というのは自覚ができない
  3. 一人暮らしの最初はホームシックで泣く

 

今日はこんなものでっ。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です