VSSからGitHubへソース管理を移そう!

2週間ほどかけて、GitHubへのソース管理の移行作業を行っていました。

その中で移行で大変だったこととか、思うところがあったので
記事として残しておこうかなと思います。

こんな人には役に立つかも?

・これからGitHubへの移行を始める方

ソース管理を変えるきっかけ

以前まではVisual Source Safeというツールを使っていた。

Visual Source Safe自体はSubVersionと同じく、集中型のソース管理なので

他現場同士でソースを共有する際の同期が大変だった。

集中型は別現場同士ソースを同期させる必要があり、非常に手間がかかる。

後はVisual Source Safe自体サポートが切れているっていうのもあった。

それもあって分散型ソース管理のGitを使わざるを得なくなってしまったのだ。

ソース管理をGitHubに移行することになった

VSSからGitに移行することになった。

GitといえばBitBucketやGitLabなど色んな派生があるが、僕らのチームではGitHubを使うことになった。

昔はGitHubは無料ではPublic(公開)リポジトリしか作れなかったが、最近になってPrivate(非公開)も作れるようになったからである。

GitHubを無料のまま使用することになった

GitHubは現在アカウント+コラボレーター3アカウント分は課金しなくても使うことができる。

つまりは4アカウントまでは無料で使用することができる。

 

しかし、4アカウントは決して多くない。
課金すれば、この制限をなくすことができるのだが…
会社としては、無料のまま利用したいらしい。

だから、チーム単位での共有アカウントを作って運用することになった。
どうしてそんなにけちんぼなの(−_−;)

GitHubにしてよかったこと

現状感じるのは2点だ。

タスク管理ツールが使えるようになった

もともと自分の会社では、タスク管理ツールというものがなかった。

(Excelでタスク管理(笑)をやっているような会社だったので)

ガントチャートがなくとも、作業を見える化できるのは大きな進歩だと感じた。

それが、不十分ながらIssueの機能で管理できるようになったのは大きかった。

情報共有が楽になった

自分の会社には、よく利用されるチャットツールや情報共有ツールが

なんと!メールしかなかったのだ。

だから、何かあった場合は全員にメールをいちいち送信していた。

 

経験ある人がいればわかると思うが、この作業むちゃくちゃ大変である。

宛先ミスるとまた送信しなきゃいけないし、別途送信すること自体も凄い手間だ。

これがなくなるのは、非常に大きなメリットだと思う。

GitHubに変えたことによるデメリット・危惧

実はGitHubに変えたことによって、メリットだけがあったわけではない。

変更前の方がよかったこともいくつかある。

誰がソース修正をしているか、コミット&プッシュしない限りわからない。

以前使用していたVSSというツールでは、チェックアウトという機能があり、その有無で修正中のツールを知ることができた。

その結果、修正の競合をいち早く知り対策が打てた。

VSSは連絡をしなくても、どのソース修正かを知ることができた

しかし、Gitではコミットしてリモートに適応しない限りは、修正内容が分からない。

各開発者に○○を修正しているという連絡をしてもらう必要がある。

できることが多すぎて、しっかり運用ルールを作らないとうまくいかない

GitHubはGitの持つソース管理だけでなく、タスク追跡・タスク管理ツールも使うことができる。

そのため、本当に多種多様に使うことができる。

だから運用ルールをしっかり作らないと、ルール無用のカオスな状態が生まれることにもなる。

リカバリをすることになったらと思うと、とても怖い。

ツールは頑張って機能を使いこなそう

運用ってやつは手動でやる部分が多いと、大変で辛くなる。

昨今のツールはユーザーの要望や使いやすくなる機能を考えて作ってある。大体は欲しいと思っている機能が搭載されている可能性が高い。

正直な話、面倒くさいものを続けるのは苦痛でしかない( ^)o(^ )

まとめ

正直ソース管理の移行以上に、GitHub移行後のソース管理運用を考える方がよっぽど苦労した。

極力自分に負担をかけて運用・管理をするのが嫌なたちだったので
そっちを統制するのに僕はすごく労力を割いていた。

色んなサイトや情報を覗きに行ったが、運用についてはそれぞれの創意工夫があって、最善の方法を見つけ出すのは大変だった。

今度はそちらの運用に関しての記事を書こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です